HOME | ライフコーチ | クライアントの声

パーソナルライフコーチング 〜Client's Voice〜

A.M.さま (女性:会社員/市議会議員)
明確な目標設定をすることが出来てよかった。少しずつゴールに近づいている感じが自分に合っていたと思う。選挙前でもやもやしていたときも、コーチが寄り添ってくれて安心できました。無事に上位当選も果たせたので、かなり効果があったと思います。優しく話を聞いてくれるので、とても話しやすいです。

<PLCを通しての気づき>
他人に話を聞いてもらうことで整理が出来たし、自分ではわからないこともコーチが感じて口に出してくれたので。実は自分はこんな風に感じていたんだな。。と気づきがあった。Webでしか話したことがないので、実際にコーチに会ってみたいと思っています。

S.T.さま (男性:会社員)
今まで、ビジョン&ゴール、自分の価値観などは頭の中で、なんとなくしか考えていませんでした。コーチングによって初めて、自分のビジョン&ゴール、価値観が明確になり、それに向かって行動しようと決意ができました。

<PLCを通しての気づき>
自分のビジョン&ゴールは、一見誰でも、当たり前に設定してそれに向かって行動しているものだと思っていたが、そうではなかったと気付かされました。日々生きていく中で取り巻く環境がかわったとしても、ビジョン&ゴールに近づくために必要な行動は何か?と考えることが重要だと感じました。

匿名さま (男性:会社員)
ある程度の将来の自分のビジョンを考え出したタイミングでのコーチングでしたが、より具体的に自分のことをしっかり考えるきっかけと時間になりました。
これからを考える上で、自分に対する理解度が高まり、良い影響がありそうです。
生活している中で「これを話したい!」と明確なテーマが思い浮かんでなくとも、こういった機会があることで「自分が今何を感じ、何を考えているか」を考える機会となり、結果的に、将来の自分のビジョンに対して、どうすれば近づけるのかを考える時間を作れたことは、PLCを受けていてよかったことでした。

<PLCを通しての気づき>
私の特性、強み、弱みの理解。
私がなりたいより具体的な姿と自分とのギャップ。
自分の価値観の明確(何に価値を感じ、何に惹かれるのか)

匿名さま (女性:主婦)
「ビジョン&ゴール」は元々ふわっとしたイメージだったのですが、コーチと話しながら、具体的な言葉に表して設定していきました。何気なく思い描いている理想像を言葉にすることにより、なりたい姿を明確にイメージすることができたのと同時に「ああ、自分はこんな風になりたかったのか」と改めて知ることもできました。
「価値の基準」は、最初は何個も価値の基準の候補があったのですが、コーチの質問に答えていくことによって絞り込まれ、最終的には「確かにこれだ」と納得できる3つが残りました。
プロファイリング診断は、「気づいてなかったけど言われてみれば確かにそうだな」と感じる自分の強み、弱み、そして行動の傾向を知ることができ、コーチングを進めるに当たっての軸を持つことができました。
元々迷いやすい性格なので、ビジョンに向かうにあたり、考えや価値観がブレることも多々ありました。そのため、最初に設定した「ビジョン&ゴール」「価値の基準」「プロファイリング診断」は自分を元の道に戻すのに非常に役立ちました。まずは地盤を固めることの重要性を感じました。

初めてのコーチングということで、最初は少し身構えていましたが、あくまで私ができる範囲で少しずつ進んでいったので無理なく続けることができました。またコーチングの時間以外もLINEでやりとりさせていただいたので、常にパートナーとして寄り添ってくださっている感じかしました。
コーチングのZOOMの時間では、いつも私からはフワッとした議題を話していたのですが、1時間がすぎた頃には、なんらかの答えが出ていて、次のステップのための具体的な行動も決まっていました。具体的な行動が決まっていないと動き出せない私にとってはとてもありがたかったです。

<PLCを通しての気づき>
人生について、家族や友達などに相談することはありましたが、専門家に相談するというのは全く新しい考え方でした。
家族や友達などは近い存在であるからこそ相談しやすくはありますが、新しい発見は得られにくいものです。それに対して、コーチングでは新たな視点によるアドバイスもしてもらえるため、自分に対しての発見を得ることができました。
全体を通して、「価値の基準」と「WDプロファイリング」を知ったことと、それを軸に人生を進める方法を知れたことはとても大きなことでした。今後コーチングが終わった後も、自分に嘘をつかず、よりよく人生を生きていくための鍵になると思います。