HOME | ライフコーチ | 有田の想い描くライフコーチング

コーチングとの出逢い

独立をして、個人事業主として活動をはじめ、
なかなか新規事業の立ち上げや、顧客獲得に繋がらないなか、
だんだんと焦りを感じ始めてきた頃。
 
かねてから行っていた「ウェルスダイナミクス」のセッションについても、
「人生のガイド」をするという上では、何か欠けているな、と感じ始めていました。
 
 
そんな折、毎年行くペンションでの、恩師(メンター)との会話で、
「コーチング」の世界へと向かう心づもりができました。
 
ほんの些細な切っ掛けかもしれませんが、私に取っては重要な一押しでした。
 
私は先生に、「人に寄り添う」「ガイドをする」そんな事を「志事」としてやってみたいと思っていること、
でも自分は内向的で人付き合いに向いていないと思っていること、
などをお話しました。
 
先生の答えは
 
「有田くんが、『やってみたい』と思うことは、それだけで素晴らしいこと。是非やったらいい。」
「そんな有田くんだからこそ、聴ける話もあるし、出来ることもあるはず。」
 
そんな感じの言葉でした。
 
おそらく、私はこの先生の元に生きてきたからこそ、同じようにとは言いませんが、
「人に向き合う」「人に寄り添う」という道を歩んでみたい、と思ったのだと思います。
 
私にとって、「コーチング」の原点がここにある気がしています。
 
 
それから、「コーチング」の資格について調べ、今お世話になっている「ライフコーチワールド」と出会うことになります。 
 
小手先だけの資格ではない。
本当にその人の人生と向かい合い、ともに歩むことができるコーチを育成している。
 
そう感じて、私はまず自分が「コーチング」を受けてみて、そして学び始めました。
 
「コーチたるもの、最高のクライアントであれ。」の実践です。
 
 
コーチングを通して実感しているのは、
 
自分と向き合い、自分の気持ちを顕わにすることができたこと。
自分が大切にしている事を共有/共感してもらえることの歓び。
それを「感じる」ことができる時間を手に入れたこと。
その「感じる」ということが、自分の「成長」と繋がっていること。
 
そんなことが大きい部分を占めていると思います。
 
 
人それぞれ、感じ方や得たいものというのは異なっていると思いますが、
私のコーチングではそのような「自分の中にあるものを見つける」ということを大事にしています。
 
私は
「クライアントが抱えている問題の答えは必ずクライアントの中にある。」
「そしてクライアントはそれを見つける力を持っている」
と信じています。
 
私はそれを、明確にし、そこへたどり着く道筋をともに歩む「ガイド」「伴走者」として、
同じ時間を共有し、ともに「成長」することを望んでいます。

コーチングは何も与えてくれません。
でも何でも手に入ります。

これは最も重要な考え方です。
これに賛同できない方は、ライフコーチングは向きませんので、ご遠慮ください。
 
コーチングは何も与えてくれません。
コーチングは問題解決の方法ではないから。
コーチングはあなたが理想・ビジョンに向かって「成長したい」「前進したい」という想いを強化するものです。
理想・ビジョンに向かうための道筋は「あなた自身の中」にあります。
私達コーチはそれを取り出し、前進するためのサポーターです。
だから、あなたの意思がなければ、何も起こりません。
 
一方で、コーチングは「あなた自身の中」にあるものが何でも手に入ります。
あなたが自分の中から取り出す、「理想・ビジョン」は必ず手に入ります。
というより、あなたの中にあるのですから。
 

コーチングの進め方

まずは、無料オリエンテーションで、
 
・お互いの「コーチング」についての認識を確認すること
・しっかりと「有田卓也」を知ってもらうこと
・しっかりと「クライアント」を知ること
 
を行っていきます。
 
まずは「ライフコーチング」というものについての、確認をしていきます。
 
「コーチング」は「コンサルティング」や「ヒーリング」とは違います。
 
コンサルティングのように、あなたの目標達成に向け「では、こうしましょう」「そのやり方は違います」
というようなことは言いません。
コーチングでは「目標達成」を目的とせず、あなたの「成長」を重要視しており、
その結果として、目標が達成されることがBetterであり、Mustではありません。
「達成しなければ。。。」と気負う必要はありません。
もちろん、コーチはあなたあ目標を達成することを心から信じていますし、私達コーチは全力でそのお手伝いをいたします。
 
また、「ヒーリング」とは違い、治療を目的とはしていません。
もちろん、沈んだ気持ちなどを取り扱うこともありますが、
そこに心療内科的アプローチが必要な段階であれば、それは専門機関へと
誘導させていただきます。
コーチングでは、あなたが沈んだときも、ともにそれを味わい、しっかりと消化した後、
あなたの内にある「成長したい、前進したい」という想いをもとに、変化成長していきます。
 
まずは、オリエンテーションにて、 このようなコーチングについてのスタンスを合意形成していきます。
 
そして、お時間が許す限り、あなたが何故コーチングを受けようと思うのか、コーチングを通して何を得たいと思っているのか、などのお話をさせてください。
 
そして、最後に、契約と今後の進め方・ルールなどについてご説明させていただきます。
 
ここまでで、何か違うな、とか引っかかるものがあれば、必ず明確にしておいてください。
そして、それをして尚、「やっぱり違う」と思えば、遠慮なく、そこで中止してください。
 
さて、ここからはいよいよ本番のセッションです。
 
コーチングのテーマは人生そのものです。
だから、私は私の人生全てをお話し、あなたがこれから、ともに歩もうと思う
「有田卓也」という人間が、どういう人生を歩み、どういう考え方で生きているのか、を初回のセッションで知ってもらいます。
 
そして、あなたにも「生い立ち」から「今に至るまで」の人生と、
そして「その人生の中でポイントとなった出来事」をお話いただきます。
 
私はその中からあなたがどんな価値観で、どんな選択を重要視してきたのか、
どんな思考の持ち主なのか、などのヒントとなる言葉を見つけていきます。
 
もちろん、最初の自己紹介だけで、お互いの全てが分かるわけではありません。
しかし、このお互いの自己紹介を通じて、その後一緒に伴走していく互いのことを少しでも理解し合いましょう。
  
この後、最低でも3ヶ月。
ともに貴重な時間(命)をかけて、人生という途方もないテーマに向き合うことを誓うのです。
 
 
さぁ、心の準備はできましたか?
 
あなたの明るい未来に向けての第一歩を踏み出しましょう!
 
今、何も見えない手探りでも大丈夫。
答えは必ずあなたの中にあります。
私はそれを100%信じています。
私が全力でサポートします。
 
それでは、オリエンテーションでお会いできるのを楽しみにしています。