脱サラするにはまだ早い?!

BLOG,ウェルスダイナミクス,ライフコーチング,独立物語

time-is-value

脱サラして起業するまでにやっておくことは沢山ある

Newセミナーを開催します!

「脱サラするにはまだ早い?!」サラリーマン5.0時代の働き方

コロナのせいで(?)コロナのお陰で(?)、ここ数年、善くも悪くも世の中が大きく動いていることは間違いありません。
私自身、脱サラして独立・起業したタイミングでのコロナだったのですが、お陰様で、なんとか無事に1年を乗り切り、2年目もゴールが見えてきています。

さて、以前こちらのブログでも 独立時点で年収1000万円を確保した方法 ということで、私の独立当時のお話をしたことがありますが、ここまでやってきて思うことは、「サラリーマン時代にもっとやっておけることはあったよな」ということです。

特に脱サラを後悔している分けではなく、どちらかと言えば成功している部類の人間だと自負していますが、当然ながら良かったことも悪かったこともあるのです。

世の中には起業塾とか、起業コンサルとかがあふれかえっていますが、、、その殆どは、起業に向けてのエネルギー注入をしてくれると思うのですが、ブレーキを掛けてくれることはほぼないと思います。(起業させることが目的なので当然といえば当然ですが。)

イケイケドンドン、あの手この手とやってみて失敗したり、上手く行かなくてもいいんですよね。だって、そこでまた学び続けてくれますから。学び続けていれば、いつか上手く行くかもしれない。それまでずっと顧客でいてくれるわけですから

別に、起業塾やコンサルを否定しているわけではありません。何を隠そう、私自身もビジネスコーチを付けて、日々試行錯誤している立場なわけですから。そこで得られることは決して無駄では無いんです。

でも、重要なのは、それらを受け取る準備があなたにできているか、ということです。

  • サラリーマンで居る方がずっと楽ですよ?
  • なぜ、あなたは独立・起業するのですか?

もっともっと、サラリーマンとして安定した場所に居ながら、自分を高めて行きたいと思いませんか? 今の私なら、お給料を貰いながらもっと学べるし、もっと自分を高めることができる。そんな風に思ってしまいます。

それでも尚、本当に独立することが唯一の次のステップなのだとしたら、そこで初めて、満を持して独立すればいいのです。

なにも独立は「チャレンジですることでは無い」ということです。

「独立すること」「会社を辞めること」が目的になっていませんか?

そんな人は、是非一度、下記のセミナーを聞きにきてください。
私は、否定も肯定もしません。私がしてきた経験と知識をシェアさせてください。

そして、一緒に考えましょう。