ペンションびせざき との出会い①

BLOG,原点回帰,徒然なるままに

ペンションびせざき

〜20年を振り返る〜 最初の出会い

ペンションびせざき
現在展開中の沖縄リトリート「〜原点回帰〜 気づきの旅」のメイン舞台となるお宿です。
沖縄県 本部町備瀬。美ら海水族館のすぐ側にある集落で、「フクギ並木」で有名な地に、そのペンションは50年前から存在しています。
沖縄が日本本土に復帰したのが丁度50年前です。

聞くところによると、沖縄では1番最初の「ペンション」だそうです。日本でも3番目というお話を聞いたことがあります。

私が初めてこのペンションびせざきを訪れたのは、20年程前になります。大学2回の夏休みでした。
地元の学習塾の塾長、西口賢治先生に連れられて、夏の沖縄一週間の旅に出たのでした。

西口先生自身が、このペンションびせざきに泊まるのは2度目の事だった、ということです。
以前から、沖縄にご縁のあった先生が、地元の方に連れてきていただいて、とても良かったということで、僕を連れてきてくれたのです。

僕からすれば、「連れてきてくれた」という感覚ですが、本人は「自分がもう一度行きたかった」という事かもしれませんw

当時はまだ、このペンションびせざきを作られた、お父様がご健在でしたが、二代目にあたる大将「クマさん」ご夫婦が宿を切盛りされていました。

夕食は「海厨」と名付けられた、カウンター席に通されて、恩師と席を並べて2人でいただきました。
何と、それはそれは大変美味しい、江戸前のお寿司をいただけたのです。
連れられて行った身としては何も知らないわけですが、この体験は、後にも先にも語り草になっていますw

まずもって、大前提として、沖縄では元々江戸前のお寿司を食べられる機会が多くありません。
南国の魚、、、熱帯魚って、生で食べるイメージないですよね?
もちろん、美味しい魚も沢山あるのですが、江戸前のネタではありません。
つまり、ネタを仕入れる事がまず大変。そして熱い暑い夏! 魚も傷みやすく、良い物が沖縄まで回ってこないのです。(殆どが銀座など「江戸」で消費されてしまいます。)
那覇の市場で仕入をすることになりますが、お宿は本部半島。高速で片道1時間半かかります。

ということで、そもそも、こんなところで、美味しい江戸前寿司が食べられること自体が、奇跡なのです。

さらに、大将は実際に東京で修行されてきた、本場ものの江戸前の職人です。
NewsWeek紙に「寿司を芸術の域にまでした男」と紹介される程の腕前です。

そんな大将の拘りのお寿司は、通常11月〜4月の期間しか提供されていなかったのです!!
それを、夏本番に頂いてしまうという。。。。

さらには(汗
このカウンター席ですが、通常7名のお客様が席についてお食事いただける仕様になっています。
カウンターにお客様が入ると、その間大将は板場に付きっきりになるので、通常は最低でも4〜5名のお客様を入れないと採算が合いません。

そんなこととは私もつゆ知らず、恩師も知らずに「教え子を連れて行くから、是非カウンターでお寿司を食べさせたい」と真夏にリクエストをし、そしてなんと2人でカウンターを貸し切ってお食事をさせていただいたのです。。。(滝汗

今でも半分冗談で「ここで2人で貸し切って寿司を食うなんて、殿下以外には、ケンちゃんとアリちゃん位だよ!」と話のネタにされています。

お宿に行かれると写真も沢山あるので分かることですが、ここは故・高円宮殿下ご家族が、お忍びで来られていたお宿です。他にも数々の著名人が、吸い寄せられるように、ふらっと立ち寄り、人が人を呼ぶような、知る人ぞ知るお宿です。

本当は教えたくない。けど誰かに話さずには居られない。だから、身近な素敵な方にお話する。そしてその方がまた訪れる。
そんな、本当に口コミだけで50年続く、本当の意味での豊かさが溢れるお宿が、ここには存在しています。

もちろん、寿司席に拘らず、夏場はお庭でBBQをしたり、食堂で美味しい料理を頂いたり、この宿そのものが、そしてここに吸い寄せられて集まってくる人そのものが、いつも素敵で、素晴らしい場所なのです。

さて、この最初の出会いのカウンター席で繰り広げられた、衝撃の食事の様子は、、、、僕のその後の人生に大きな影響を与えているのですが、それはまた次回にお話させて頂きます。

こんな不思議な場所で、新月の夜に、自然の流れに身を任せ、自分の中の要らなかったものを手放してみませんか?

〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・

沖縄リトリートツーアー企画
「原点回帰〜気づきの旅〜」
https://www.yuinotech.jp/retreat/genten-kaiki.html

徹楽ライフコーチありちゃん

1981年、兵庫県尼崎市生まれ。

現在はコーチングをメインとした個人事業を中心に、自身のお金についての基盤を固めるために、法人も経営。
年4
回・新月に開催する沖縄リトリート「原点回帰の旅」を通じて、仕事と楽しむことを両立。

自身の経験を元に、現実と理想のギャップに悩む人、もう一歩ステージアップしたい人を対象に『楽しむ事に徹する』をモットーに、徹楽(てつがく)ライフコーチとして活動中。

@tetsugaku_life_coach